応募要項

第6回(2017年度)チラシ

応募方法

冬の北国らしい街並みや情景とし、撮影地点が旭川市内であればどなたでもご応募できます。応募は一人3点までとし、作品は未発表作品に限ります。(作品は返却いたしません。)作品の提出は2L(A5)サイズのフォト用紙にプリントされたものを同封して事務所まで持参されるかご郵送ください。また、専用フォームからもご応募もできます。

よくある質問

Q.応募できるのは旭川市民だけですか?
A.いいえ。旭川市民に限らず、全国どなたでも応募できます。外国人の方も歓迎します。

Q.旭川以外の風景が写っていてもいいのですか?
A.あくまでも撮影地点が旭川市内であれば可といたします。

Q.雪の降っている最中の写真がいいのですか?
A.天候に関係なく応募できます。

Q.今冬に撮った写真でないといけませんか?
A.特にその規定はございません。未発表であればかまいません。

Q.作品は未発表作品ということですが、ブログやSNSでアップしたものでも応募できますか?
A.かまいません。ただし、既に他のコンテスト等で受賞された写真および印刷媒体(チラシ、パンフレット、カレンダーなど)に掲載された写真は不可とさせていただきます。

Q.子供が撮った写真でもいいのですか?
A.この写真コンクールは単に技術的なことではなく、市民感覚で良いと思ったものが選ばれますので、皆さん気軽にご応募ください。また、キッズ賞(中学生までの部門)もございます。ぜひご応募ください。

Q.もし、入賞した場合、住所まで公開されるのでしょうか?
A.住所は公開いたしません。入賞された場合は、お名前と作品タイトルを公開させていただいております。

応募期間・応募方法

プリントでの応募

2017年12月26日(火)~2018年2月19日(月)※当日必着
下記住所に持参、もしくはお送りください。(写真の裏にタイトル・氏名・電話番号を書いてください。)
〒070-0033 北海道旭川市3条通9丁目右8 ウレシパあさひかわ事務局(いあい歯科内)

WEBからの応募

2017年12月26日(火)~2018年2月15日(木)※当日必着

審査

審査委員長 田村健太朗(北海道写真協会会員/同協会旭川支部顧問/写真道展審査会員)
実行委員、一般市民若干名の審査委員により審査します。

表彰

2018年3月3日(土)14:00より 旭川市神楽公民館 木造館(愛称:木楽輪(きらりん))で行います。

発表

2018年2月末、入選者には直接ご連絡いたします。表彰当日に会場で特殊パネル(雨・雪・直射日光に当たっても変化しないパネル)にして展示し、以後約1年間、買物公園他、公的な場所に展示いたします。
※個人情報については当コンクールに関わる事以外には使用いたしません。発表時その後の公開には受賞者の氏名等を公表させて頂きます。
※公的な機関等での旭川をPRする印刷物、広告媒体等に活用させていただく場合もあります。

金賞(旭川市長賞)・銀賞・銅賞・スマホ特別賞・キッズ賞(中学生以下)…各1点
ブリッジ賞、ななかまど賞、ほのぼの賞、田園賞、彫刻賞、かくれスポット賞等…約10点
※特製盾と副賞を差し上げます。

問い合わせ先

主催/ウレシパあさひかわ(旧まちづくり市民の会)
電話/0166-25-6488(井合)
問合せ時間帯/平日のみ 9:00~15:00まで